水素水のおためし商品情報サイト

水素水おためしガイド

水素水の知識

水素水を製造方法で比較する

更新日:

水素水は水素分子が溶け込んでいる水です。水素分子は自然に水に溶けるとこはありません。水素水は人工的に製造された水です。

水素水の製造方法は3つに区分されます。水素ガスを使って作る方法、電気分解を利用する方法、化学反応させて作る方法です。

それぞれの製造方法にはメリットとデメリットがあります。水素水を選ぶポイントでそれぞれを比較しました。

水素水の製造方法

水素水の製造方法は水素ガス・電気分解・化学反応を利用して作られます。それぞれに特徴があります。

水素ガスを利用する

水素ガスを利用する製造方法は水素ガスを圧力をかけて水に溶かす方法です。水における水素の飽和濃度は気温25℃の状態で約1.6ppmです。圧力をかける理由はこの飽和濃度よりも多く水素を溶かし込むためです。

水素はとても小さな分子なのでペットポトルでは通り抜けてしまいます。そこで水素ガスを利用する水素水はアルミパウチタイプの容器を使用します。特殊構造のアルミパウチで水素が抜けるのを防いでいます。

アルミパウチタイプの水素水は容量が300ml~500mlと飲み切れる使い勝手の良い量になっています。キャップ付きのアルミパウチなら外出時に持ち運びもできます。

水素を溶かす水は何を使っても同じです。より健康効果が高く美味しい天然水を利用しているケースが多く見受けられます。水素水を選ぶ時はミネラル成分の内容を確認すればその違いが分かります。

水素水は食品の製造と同じように作られています。メーカーのホームページには製造方法と製造工場の説明を掲載している場合が多いので注文する前に確認します。

電気分解を利用する

電気分解を利用する方法は水素水ではなくアルカリ性電解水や還元水素水と呼ばれるものです。

電気分解する時に陰極側にアルカリ性の電解水と水素が発生します。電気分解で発生した水素が水に溶ける量は飽和濃度以上に溶けることはないので溶存水素濃度は高くありません。

電気分解を利用するものは自宅で製造するタイプです。生成器で作られた還元水素水は直接コップに移して飲むか、自分で用意したアルミボトルに移し替えるかして利用します。

電気分解を利用するものは水道水以外の水であれば使うことができます。水道水でも浄水器で浄水された水であれば使えるので経済的です。お好みの天然水を利用して作ることもできるので味や品質は自分で管理できます。

飲みたいときにボタン一つで製造し始めるので使い勝手は良いと言えます。しかし溶存水素濃度を高くしたい時には電気分解の時間も長くなります。

化学反応を利用する

化学反応を利用する製造方法はスティック状の容器の中に内蔵された金属を反応させて水素を発生させる仕組みです。金属はマグネシウムや亜鉛、二酸化ケイ素、カルシウムなどを使っています。

発生する水素はもともとの水が反応で発生しているので量は増えていません。溶存水素濃度は10~12時間後で0.8~1.2ppmになるものもあります。

使用する水は水道水でも可能です。冷蔵庫で冷やすより常温の方が反応速度が速いので作る途中は冷やしません。雑菌の増殖を抑えるために使用する容器や水は清潔なものを使います。

ペットボトルを利用して作ることができるのでとてもお手軽です。

製造方法が違う水素水を比較

それぞれの製造方法で作られた水素水を選ぶ時のポイントで比較します。それぞれメリット・デメリットがあります。

溶存水素濃度で比較

溶存水素濃度が高いのは水素ガスを利用する製造方法の水素水です。製造工場で整った設備により製造されるので高濃度の水素水を作ることができます。

高い溶存水素濃度の水素水は圧力をかけて作られているので容器を開封した瞬間から水素は抜けていきます。開封後は早めに飲み切るようにします。

電気分解や化学反応を利用する水素水は水素濃度を上げるには時間がかかります。時間がかかってしまうと水の性質もアルカリ性が強くなります。

抜けにくい容器で比較

容器に関しては水素ガスを利用する水素水が一番適しています。アルミパウチタイプの容器は水素が抜けにくい構造になっています。

電気分解や化学反応を利用するものは特に専用の容器などはなく直接コップに入れて飲むかペットボトルやアルミボトルに移し替えて利用するので水素は抜けてしまいます。

水の質や味で比較

水の品質や味は自分の好み次第です。電気分解や化学反応を利用するものであればお好みの天然水などを利用できます。

水素ガスを利用するものはミネラル成分や使われている天然水の採水地などを参考にします。

安全性で比較

自分で作るタイプの電気分解を利用するタイプや化学反応を利用するタイプは器具や商品の取り扱いを正しく利用すれば安全性は確保できます。製造過程も自分で管理できるので衛生面でも安心です。

水素ガスを利用するタイプは密閉された商品として手元に届くので信頼できるメーカーを自分で確認する必要があります。

使い勝手の良さで比較

使い勝手の良さで比較すると一番は水素ガスを利用するタイプのアルミパウチが良いでしょう。商品で届くのでそのまま使えます。

化学反応を利用するタイプはスティックさえあれば外出先でも使用できますができるまでに時間がかかります。

電気分解を利用するタイプは自宅でいつでも利用できる点では使い勝手が良いと思います。外出時では一度作ったものを入れ替えて持ち運ばないといけないので手間がかかります。

おすすめの水素水の製造方法

製造方法の違いで比較した結果おすすめの製造方法は水素ガスを利用する水素水です。

製造工場できちんと管理された水素水であれば衛生面や安全面でも問題ありません。他との一番の違いは水の質と溶存水素濃度です。水素の効果は1.0ppm以上の溶存水素濃度がないと期待できません。

電気分解や化学反応を利用するタイプは発生する水素量が少ないので高い溶存水素濃度になるまで時間がかかります。反応が長いと水の質がアルカリ性が強くなります。

アルミパウチタイプの容器は水素も抜けにくく使い勝手も良い点でもおすすめです。

おすすめの水素水

アルミパウチの水素水

高濃度ナノ水素水 ビガーブライト

溶存水素量(ppm) 0.8~1.2ppm
酸化還元電位(mV) 表記無
パッケージ アルミパウチ特殊4層構造
送料 無料
容量(ml) 500
  • 水素水の飲用時では開封後の水素含有量は1.0ppm以上
  • 水素が逃げにくい気密性の高い特殊4層構造のアルミパウチを使用
  • 美容健康面で注目のシリカの含有量は72mg/L
  • 水素水でサビない身体づくりを目指す方におすすめ
  • 新鮮な水素水は製造後10日以内に商品を出荷
通常価格(税込) 初回お試し価格(税込) 定期購入価格(税込)
30本 16,200円 30本 6,900円 30本 8,400円

-水素水の知識

Copyright© 水素水おためしガイド , 2019 All Rights Reserved.