水素水のおためし商品情報サイト

水素水おためしガイド

水素水の知識

健康や美容に関心がある人が使っている水素水とは

更新日:

水素水はこんなひとにおすすめ

忙しい日々を送っていると休息が足りないと感じることはありませんか?
疲れが残ってしまいこの頃は年齢を感じてしまいます。食事には気をつけスポーツをもっと楽しみ健康に暮らしたいと思います。

水素水はそういった悩みを解消してくれます。

水素水は時間をかけずに身体にイイことをしたい人におすすめです。

水素水の期待される効果

水素は活性酸素の除去に有効です。活性酸素は呼吸で取り込まれた酸素が1~2%の割合で替わってしまいます。活性酸素は体内の細胞を酸化させ正常な働きを妨げます。

活性酸素の一番の悪玉はヒドロキシルラジカルです。水素はこのヒドロキシルラジカルと反応して無害化するという研究が報告されました。

この研究から水素分子を特別な方法で水に溶かした水素水に、注目が集まっています。

活性酸素が原因だと言われている病気はいくつもあります。過剰なアレルギー反応であるアトピー性皮膚炎や花粉症、アレルギー性喘息や生活習慣病の糖尿病、肝臓病、高脂血症や高血圧など多くの病気の原因が活性酸素だとされています。

また、しわやシミ、美肌などの美容面でも活性酸素が老化の原因になっています。

水素水が活性酸素の除去に有効だとすればこのようなものにも効果があるのではないかと期待されています。

水素水の副作用

有効な効果に注目が集まる水素水ですが副作用はないのでしょうか?
水素自体は厚生労働省の食品添加物としてリストに載っているものなのでそれ自体に副作用はありません。

水素水の利用者の声としてはトイレに行く回数が増えたとか下痢気味になったという声が多く上がっています。体質によってはこのような症状がでることもあるでしょう。

水素水は開封後すぐに水素が抜けていく性質上いつもの水より早く多く飲んでしまうことでトイレの回数が増えたり下痢気味になる原因かもしれません。

水素水と還元水素水の違い

水素水と似ているものに還元水素水や活性水素水があります。水素水との違いは水に水素分子を溶かしたものが水素水なのに対し電気分解によって陰極側にできたアルカリ性の電解水を還元水素水や活性水素水と呼んでいます。

還元水素水は自宅で作ることができます。還元水素水生成器などを購入すると普通の天然水から還元水素水を作ることができるのでランニングコストは低く抑えることができます。

還元水素水はアルカリ性電解水なので健康に有効な点があることは認められています。しかしその要因は水素ではありません。還元水素水は水素水にくらべ水素濃度は低いものになります。

水素水はいつ使うのが効果的か

水素水はいつ飲んでも効果に差はありません。通常の飲料水の代わりとして飲むだけで効果があります。身体が一番水分を必要とするのは寝起きです。睡眠中には水分を補給することができないので寝起きには水分を摂ります。

同じように就寝前にも水分を摂りましょう。睡眠中は呼吸や汗をかくことで水分は失われていきます。予め寝る前に水分を補給しておく必要があります。夜中のトイレが気になるのであれば量を少なくするなど調整するとよいでしょう。

入浴時も水分が失われます。入浴前や入浴後に水分を補給します。

水素は小さな分子なので容器から出すとどんどn放出され水素濃度が下がってきます。容器から出した水素水はなるべく早く飲みましょう。余ってしまって飲み切れないようで美容液の代わりとして使用することもおすすめです。

水素は小さな分です。身体の内部からだけではなく外部から使用しても効果はあります。飲み切れなかった水素水をコットンに浸してパックなどに使用しましょう。

水素水を使うときの注意点

水素水はふつうの飲料水と同じように使用できますが注意しなくてはいけない点がいくつかあります。

まず、水素水は沸騰してはいけません、水素がすべて抜けてしまいます。お茶やコーヒーに使用するのには向いていません。温かい水素水が飲みたいのであればアルミパウチタイプの水素水を開封前に湯煎して使用します。80℃の水素水であれば0.8ppm程度の水素濃度はあるでしょう。

水素水は容器を開封したらなるべく早く使い切るようにします。コップに入れた水素水は3時間もたつと最初の水素の量の半分になります。

水素は引火すると爆発しますがそれは多量の水素があるときの話で水素水が爆発するようなことはありません。アルミパウチタイプの水素水はかなりの量の水素が充填されています。開封して火を近づけても何も起こらないので安心してください。

水素水を選ぶポイント

水素の効果を得るためには溶存水素濃度は0.8ppm以上必要です。水素は密閉された容器でも抜け出してしまうので溶存水素濃度は高いほうが良いでしょう。

水素水を保管するには容器が重要になります。水素が抜けにくい構造のアルミパウチタイプがおすすめです。

魅力的な効果があるとしても飲みやすくなければ継続できません。自分の好みの味なのかをおためしキャンペーンなどを利用して確かめます。

使い続けるためには使い勝手の良さも重要なポイントになります。カバンに入れて持ち運びできるような水素水がおすすめです。

水素水を選ぶポイント

  • 溶存している水素の量
  • 水素が逃げない容器
  • 飲料水としての質・味
  • 安心で安全な製造方法
  • 使い勝手の良さ

水素水を買うならインターネットからが便利

水素水の注文はインターネットからが便利です。スーパーやコンビニでも見かけるようになりましたが単品での販売になっています。毎日飲むのであればまとまった本数が必要になります。

インターネットで注文すれば玄関先まで運んでくれます。お店で買うときのように重たい思いをして運ぶ必要はありません。

その他にも一度注文すれば定期的に注文出来たり、お得な割引があったりとたくさんのメリットがあります。

水素水が初めての人はまずはおためしを利用することをおすすめします。

おすすめの水素水

アルミパウチの水素水

高濃度ナノ水素水 ビガーブライト

溶存水素量(ppm) 0.8~1.2ppm
酸化還元電位(mV) 表記無
パッケージ アルミパウチ特殊4層構造
送料 無料
容量(ml) 500
  • 水素水の飲用時では開封後の水素含有量は1.0ppm以上
  • 水素が逃げにくい気密性の高い特殊4層構造のアルミパウチを使用
  • 美容健康面で注目のシリカの含有量は72mg/L
  • 水素水でサビない身体づくりを目指す方におすすめ
  • 新鮮な水素水は製造後10日以内に商品を出荷
通常価格(税込) 初回お試し価格(税込) 定期購入価格(税込)
30本 16,200円 30本 6,900円 30本 8,400円

-水素水の知識

Copyright© 水素水おためしガイド , 2019 All Rights Reserved.